アバテルアタイア119+2。

平年であれば薬に頼るほどでは無かった花粉症が、今年は飛散しすぎて悲惨です。アレルギー反応としてほどほどに重篤なレベルで体調不良を煩っております。くしゃみはなみずかゆみ。つらい。

たまに箱が浮いて取れなくなることってありますよね。

改めましてKakkiです。食物の方は大体の生フルーツと瓜がダメです。アシナガバチも次刺されたらたぶんアレ。その上自己免疫疾患持ち。アレルギーのデパート。

あまり持ちジョブも多い方ではないので、エンピ119+2への打ち直しは現状分一通り終了しました。全ジョブで20パーツ行かないぐらいでしょうか?とりあえずメインジョブの学者から。一応私見を交えつつ。

まずはABボネット+2。リジェネ回復量の純増なので、打ち直さないという選択肢のない部位ですね。あったからと言って戦術的にどうだってことはないんですけど、こういうのは累積で効くので。気炎万丈の章用には119+1時には導入していなかったので(ベースの魔法攻撃性能が低すぎた為)、ちょっとダメージをテストした後に導入を考えようと思います。強くはなるんですが、マクロと装備セットが冗長化するんですよね…。マクロでif文でも書けるのであれば悩まないんですけども。

意気昂然用としての運用はなさそうです。

続いてABブレーサー+2。震天動地にはまず使う事が無いので、令狸執鼠の章専用機ですね。そもそもの効果時間で変わりますが、ヘイストで大凡+16秒の効果時間増。効果時間については「短くても掛け直せばいいでしょ」と言われることも少なくないんですが、それは貰う側の言い分でしかないですね。効果時間が長くなればなるほど本人の負担が減ります。チャージ管理に自信が無ければ打ち直しは手からがオススメです。どうせだったら強化魔法の効果時間+もつけて欲しかったんですけどね…。使い物になるアイテムに文句を言えるのは贅沢でしょうか。

精霊魔法用途としては、悪くないの域を出ませんね

新規導入のABローファー+2。こちらは逆にILない時代はまだ使えたんですが、IL時代はそもそもの魔攻性能が低くて…とお蔵入りになってました。ここに復権。MB+もついていて完璧ですね。初期の学者に比べて虚誘掩殺の策が調整されている影響で、ほぼノーリスクで着弾ダメージが20%増えます。ゴイスー!アグゥピガッシュなんていらんかっt…って事は無いです。あれはアスピル用で生きています。

これが何故過小評価されるのかわかりません。虚誘掩殺の策と性能へのリテラシー不足でしょうかね?

と言うわけで、学者のソーティでの強化は終了いたしました。ピアスは…オーグメント次第ですけど、現状出ている情報分だと期待薄ですね。+2以外は処分して大丈夫だと思います。たぶんきっと。

性能については正直見ればわかるモノではあると思っていたんですが、ABローファー+2があまり評価されてない雰囲気だったので、あえて書かせていただきました。

次は5部位打ち直しの赤。つづく。たぶん。

学者強化魔法装備。

周りはファイナルファンタジー35周年でちょっと盛り上がってる模様。11Tシャツ買っただのの話は耳にしますね。小生も店舗に足を運んだんですが、全シリーズ入荷してないようで。FFTシャツ目当ての家族連れが店員と会話してるのを小耳に挟んだところ、近隣で全種類入荷してるのが180km先の店舗のみとかなんとか。どうなってるんだユニクロ。ので、結局通販。無事に買えましたよFF2Tシャツが!

FF2は思い出したように年1回ぐらいクリアします。移植は全部プレイ済み。

改めましてKakkiです。FFといえば2です。11ではありません。

学者のリジェネ装備にクリティカルな見落としがありました。フレに学者のリジェネ装備の事を聞かれて気づくことができたのは幸いです。小生がラッパーなら親の次ぐらいに感謝のライムですよ。完成した、完了したと意識してしまったらもうミスには気づくことが難しいですよね。

岡目八目、やっぱりデバッグは他人にやってもらうに尽きますね。その昔、師匠に「自分で組んだモノなんて絶対ミス見えねえんだよ」と口を酸っぱくして言われたのを思い出します。プログラム然り、文字校正然り、そしてFFの装備も然りと。

と言うわけで学者の強化魔法用装備のご紹介。明記していない部位はフリーです。

リジェネ装備

武器:ムサ(TypeC)
頭 :ABボネット+1
胴 :テルキネシャジュブ
両手:テルキネグローブ / ABブレーサー+1(令狸執鼠の章時)
両脚:テルキネブラコーニ
両足:テルキネピガッシュ
背 :ブックワームケープ(リジェネ回復量+10)
腰 :エンブラサッシュ
※テルキネのオーグメントはすべて魔回避+25 ファストキャスト+5 強化魔法効果時間+10で統一。

間違っていた部分は胴。PDガウン+3となっておりました。強化魔法の効果時間+12しか見てなかったんです。考えてみれば当たり前だろと言った話なんですが、リジェネ効果時間+12と強化魔法効果時間+10が同時にあるテルキネシャジュブのほうが上です。ざっくり言えば+50秒ほど違います。背中がブックワームケープなのはオデシー関連で回復量+10をチョイスした結果ですね。汎用という意味ならルッフケープのほうが使いやすい気はします。

テルキネは使用可能ジョブが白黒赤吟召青学風と、かなり汎用性が高いのでファストキャストと強化をMAXにしたものを用意しておくと便利になります。魔回避までやるのは必須ではありませんが、4部位で100、5部位だと125なのでバカにできない数値。素材も今だいぶリーズナブルですしね。沼る時は沼りますけども。余談にはなりますが風水士用と汎用強化用、2セット分のテルキネ全て魔回避+25は入っております。

強化魔法装備(汎用ベース装備)

武器:ムサ(TypeC)
投擲:サバントテーシス
頭 :テルキネキャップ
胴 :PDガウン+3
両手:テルキネグローブ
両脚:テルキネブラコーニ
両足:テルキネピガッシュ
首 :インカンタートルク
左耳:ミミルピアス
右耳:アンドアーピアス
左指:スティキニリング+1
右指:スティキニリング+1
背 :フィフォレケープ+1
腰 :エンブラサッシュ

PD胴を使わなきゃいけないのはこっちのタイプですね。強化魔法スキルの要不要に併せてここをベースに調整していきます。フィフォレケープ+1はオーグメント必須ではありませんが、これもテルキネと装備可能ジョブが同一の白黒赤吟召青学風、汎用のファストキャスト+10装備としても使えるのでストレージ圧縮。

ダメージカット警察が来る装備ですが、立ち回りの注意をしていれば転がることもそうそうないのと、特に学者は効果時間が長い事を生かして、自分の任意のタイミングでバフ更新が可能なのでリスクも回避しやすくなっています。スキルの不要な強化魔法はスキル+部分を殆どダメージカットに置き換えられますので、TPOにあわせてご利用ください。

ファストキャスト用装備でなく、着弾用装備にFC+がついてる意味は「PTやアライアンスに強化魔法を掛ける際のリキャスト」というのがあります。例えばアライアンス含めてヘイスト12枚回しとか、シェオルジェールの高難易度討伐における準備時間の短縮とか、思いのほかクリティカルなんですよね、リキャストって。

学者であれば女神光臨の章で一気に、といきたい気持ちはわかります。ですが、バフ撒く時には女神+令狸と思考停止して撒くのは最悪です。特に学者が震天動地で連携を発生させる場合において、不必要なチャージ消費は追々自分とPTの首を絞めるだけの結果に繋がるケースが殆ど。これは切っていい手札なのかと、常に思案しながらチャージのご利用は計画的に。

汎用をベースにここから個別調整。以下差分箇所のみ明記。

リフレシュ

頭 :AMコイフ+1

ストンスキン

両脚:シェダルサラウィル
首 :ストーンゴルゲット
左耳:アースクライピアス
腰 :ジーゲルサッシュ

アクアベール

頭 :AMコイフ+1
両脚:シェダルサラウィル
腰 :エンパチコスロープ

バ系(属性耐性)

両脚:シェダルサラウィル

両足:PDローファー+3

リフレシュは自分に掛ける場合、更にギシドゥバサッシュグレプバインケープを組み込むと総回復量アップ。実際の所学者は机上演習があるのでそこまでする必要は無いと思います。赤と青(バッテリーチャージ)で使うので持ってはいますけども。再度余談にはなりますが、赤で出動時は机上演習解法直後の学者、白にはリフレシュを入れるようにしています。再チャージを忘れる事がある、という経験則。

ストンスキンの効果+は女神光臨の章で範囲化した場合、パーティメンバーには効果がありません。あくまでも自分用です。他全員転がっても自分だけは死なないための構え。ただストンスキン効果アップ装備に羅列してある装備って、どれも地味に取るのがめんどくさいんですよね。労力に見合った性能か…と言われると難しい所です。

アクアベールはパドースロッドと王将の袖飾りで上積み可。基本的に武器の持ち替えをしないポリシーなので、必要があった場合に都度持ち替えて対応、というスタンスになっています。袖飾りは現物を見たのが、LSメンバーのAMANトローブBCに荷物持ちしに行った時だけなので未所持。というか、オーメンのアクセサリー以外の装備品ってドロップ見たことないんですよ。同行メンバーの功徳が足りないせいです(断言)

バ系は微々たるモノですが、折角シェダルサラウィルがあるので使わない手はないので、と言ったところですね。サポ白でも無い限りはパーティへの細かな張り直しというのはチャージの関係で厳しめ。

陣頭指揮効果アップのPD足は、正直なところ無くても戦術的に支障が出ないと思います。あるなら使っておくか…ぐらいの心境ですね。一般的にはテルキネのままのメリットのほうが大きくなるとは思います。

マクロも装備セットも「創業以来の継ぎ足しのタレ」みたいな状態になってる方が多いとは思うんです。だからこそ、ミスや新装備入試時の更新漏れなんてのが出ると思います。

とりあえず動いてるからヨシッ!ではなく、定期的にフルメンテナンスする必要を感じました。

Xevioso V+20

アップデートが入ってパッチノートやインフォメーションを二度見する事ってあるんですね。EAも伝統的に頭のネジが飛んでる(公式が、特にパッチノート担当者が)方ですが、流石にこの内容でこのタイトルは力強いなぁ。ここまで自由(褒め言葉)だと、開発もほどよく自由にやれてるんだろうなぁ。でもデバッグはしろEA(圧)

活気のある人生(事故死)

改めましてKakkiです。FIFAに比べたらSimsなんてかわいいものです。バグが。

実際はA3で一番最初に倒したのがXeviosoだったんですが、記事は順不同。書きためて放置する弊害。ちかたないね。

当初の予定では戦踊コ吟白赤(小生)の予定でした。実際挑戦してみたところ、前衛が吹き飛んで撤退…を繰り返すハメに。白が捌ききれないのか、前衛が純粋に火力不足なのか、その両方か…両方でしょうね、恐らく。赤のエクポが1万ほど溶ける程度にトライアルアンドエラーを繰り返したものの、勝ち筋はちょっと見えませんでしたね。

一応、1回目は普通に(サボトゥールがこの時点で使えるなら使用)レジストハック掛って通るまでスリプル。2回目は連続魔(ここもサボトゥールは戻ってる場合は使用)で通るまでスリプル。3回目はスタイミー併用、と言った感じですね。レジストハックも濫発すると追々キツくなるので、可能な限りサボトゥール併用ですね。ランダムディールやワイルドカードに巻き込まれるように要打ち合わせですが、戦士のアビリティ回復が優先なので…赤のタイミングで使って貰えるなんて幻想は捨ててください。

で、なんやかんやあって小生が赤から学に変更となりまして 戦踊コ吟白学(小生) 。リジェネとオーラで回らないケアルの足しにする、出てくる護衛はとりあえず無視するの作戦でトライ。

開幕前準備は、鼓舞激励 の策 (範囲)+暗中飛躍の策(踊コ吟白)+悪事千里 の策 (戦学)+極光の陣II(白学)+疾雷の陣II(戦踊コ吟白)+リジェネV(範囲)+オーラ(範囲)といったところです。NMを釣り降ろすのが小生だったので、ブリンク・ストンスキンも自分へ。

戦闘が始まったらもう回復補助しか出来ることがないので、女神光臨の章を使っておいてケアル、または状態異常回復がメインとなりました。ケアルする前にアビリティを入れるのではなく、ケアルをしたらアビリティを予め使っておく、というニュアンスです連環計が残っていてタイミングとチャージに余裕があるなら、普段あまり出番のない意気昂然の章なんかも宴会芸として悪くないと思います。2000以上回復するので大体オーバーヒールになります。ドローンワールウィンドで前衛のバフが剥げたらケア。ダメージカットを疎かにしていないのであれば、護衛の攻撃はリジェネ+オーラの回復量を抜けないので詠唱中断だけ気にする感じで大丈夫そうです。白が殴られ出した折にカペルエミサリウスも試しましたが、特に意味も無かったです。無念。

結果として、この作戦が正解だったようであまり荒れることもなく勝利。他のNMを粗方倒した後となっては、護衛でTPを溜めて本体にWSが正解だったと解るのですが…こういうやり方でも十分に勝てる、と言うのが収穫ですね。A3最弱と呼ばれる所以でしょうか。

次は年に1度の学者の晴れ舞台のOngoあたりに言及する予定です。いつの日か。

誰にも聞けないアンバスケード 202010 トロール

ひだびさ。

いつものタンクだと思った?残念!学者ちゃんでしたー!

改めましてKakkiです。メイン学者です。メイン学者です。

今月のトロール、リバイバル前はタンクだったんですが珍しく学者枠での参戦となりました。あなや。

突入したら範囲でリジェネとエンウォータかけて、ヘッドシーズにあわせてケアルするだけの一言ですね。エンウォータを範囲化する理由は、「ダハク族は水属性攻撃が当たるとTP-300」だからとかなんとか。サイレスで負の歌だけ封殺するやりかたもあるようですけど、こちらの方が圧倒的にメリットが大きく(他のTP技も完封する、サイレスは結構魔命がシビア)デメリットが少ない(じゃばじゃば五月蠅い、エフェクトで重い)感じですね。宗教的な理由でもないならこちらでいいと思います。そのほかには魔導剣士が盾だったので、アクアベールを範囲化(時間は延長なし)、前衛と吟に鼓舞激励の章を単体×3。自身に極光の陣II。

突入前、プロシェル等々を令狸執鼠の章入りで撒いておくと、追々のチャージが楽になります。開幕してチャージが戻ったら鼓舞や陣を適当に撒いても良いかと思います。エリアジャンプで陣と鼓舞は切れますのでお気をつけください。

前衛がボスのプレアデスレイと超力足を完封してくれる場合、開幕後はヘッドシーズにあわせてケアル2-3回するぐらいしか仕事がありません。とはいえ、通常攻撃ダメージが0に押さえられる盾だとしても、ヘッドシーズ直後にザッラーカが飛んできて数十ダメージを貰って死亡、というのがあります。ありました(タンクの経験談)ので、皆様お気をつけください。

そうでなかった場合は戦線の維持に務める、特にプレアデスレイ後の「自身に万能薬、その後女神降臨の章+ウィルナ」というのはルーチンとしておくと○。チャージが常時枯渇、みたいな戦闘ではないので、女神を常時入れておくのもアリですね。

もし手が空いてるのであれば、ボスへの弱体の魔命ハードルは高くないので、一通りぶち込むといいかもしれません。プロシェルが飛んでくるのでディスペルなんかも。

最後に盾以外でアンバスケード出たのいつだっけ…と容易に思い出せないぐらいタンクばっかりやってますが、たまには学者も気楽でいいですね。

一応、タンク視点の場合は、ヘッドシーズのヘイトリセットに備えつつヘイトを取る、みたいないつもの流れですね。いかにヘイトリセットに備えておくか、ぐらいでしょうか。

ジョブポ入る風水士でもいいんですよ!思い起こせばイドリス作って、ジョブ首HQ2のオーグメント完走してから1回しか出番がない…なぁ…。

学者ファストキャスト 202006改訂版

デカいワラジムシだよね。

あつ森の1.3.0アップデートで泳げるようになりました。相変わらず生態系がカオスな島だなぁ…。とりあえず今の段階で言えるのは、連射パッド要るコトじゃないでしょうかNE。

連打で泳ぐのはマリオからの伝統。改めましてKakkiです。

1年経って大して更新要素がない気もしてたんですけど、アクセスログを見た感じ、学者のファストキャスト装備はほどほどに需要があるようなので改訂してみます。

投:サピエンスオーブ
頭:PDボード+3
首:オルンミラトルク
耳:マリグナスピアス
耳:エンチャンピアス+1
胴:ピンガチュニック+1
手:ACブレーサー+3
指:キシャールリング
指:ラハブリング
背:ルッフケープ(オーグメント:ファストキャスト+10)
腰:エンブラサッシュ
脚:ピンガズボン+1
足:ACローファー+3

計:ファストキャスト+71% グリモア中の詠唱時間-25%

武器グリップまで加算すると、サポ問わずFC80+25%に届きます(要ムサ/オランヤン+クレリストラップ+1等)。余程特殊な戦闘をしない限り、ほとんどサポ赤で出撃することとなるとは思います。個人的には★翼もつ女神ではサポ暗だったり。それはそれで後日まとめるかも?

変更点はマリグナスピアスとエンブラサッシュ。マリグナスもBC難易度が高めではありますが、学者がスタメン張れるBCなので取得難易度は低い方だと思います。エンブラサッシュも、Uchino鯖ではドメインが比較的安定しているので10日で貰える程度。やっぱりオルンミラトルクのほうがハードルは高いなぁ…と思います。ただ、ボルトサージトルクベーテルペンダントでも武器込みFC80は到達するので、無理にバローズでSAN値を減らす事もないような気はします。

さらにサポ赤前提なら装備分65%で良くなるので、ピンガあたりの高額商品がHQである必要もなくなりました。個人的には机上演習と魔回避の高さで脚は待機装備として、ピンガHQであったほうが、とは思いますけども。Su3装備は装備ジョブ群がシビアなのが難点。

こうやって書いてみると、思いのほか大きな変更点だったんですねぇ。自分の中では2部位変えてFC過剰になったなぁ、ぐらいでした。慣れって怖い。

今後のVUで、ウォンテッド装備にオグメつけれるとまた変わって来る可能性があります。今度は装備更新の都度書きます(戒め

魔回避はそれなりにある装備ですが、ダメージカットはマントでしか稼げません。ほかのジョブの魔法詠唱が遅く感じてしまうケースもあります。ご利用は計画的に。

スコーピオンのミロのヴィーナス。

ルーヴル美術館にあるはずのアレ。

ひさしぶりにつねきちが盗品美術品を売りにやってきました。ちょっとまえに2度ほどフェルメールの贋作を立て続けに買うという、デザイン業界の末席に居る人間がやってはいけない大失態を演じました。贋作作りみたいな仕事してるくせに、て言われると各方面に伏してお詫び致す所存。

FF11の学者ネタがわりとページランクが上がったようで、こんなFFブログの極北に訪れていただいた皆様には頭の下がる思いでございます。両親や仲間や皆様に感謝のライムを刻んで行くぐらいに。

今更ですが、ファストキャストに関しては原理主義的な所を自覚しておりますので、採用して詠唱が速すぎた場合のトラブルには皆様お気をつけください。

需要がありそうなら、そのうち机上演習ネタでも書こうかしら?

エンブラサッシュ

ねんがんの エンブラサッシュを 手に入れたぞ!

ドメインポイント変換しました。

学者には捨てるところのない性能の逸品でございます。FCに強化時間に机上演習までついてくるよくばりセット。ぼくのかんがえたさいきょうのこしそうびですよ!

と言うわけでざっくり計算。
いつもの強化装備フルでかけた場合
(テルキネ4部位+胴PD+3にムサとエンブラサッシュ)
旧プロテスの効果時間 = 1800*1.4*1.32 = 3326.4sec
新プロテスの効果時間 = 1800*1.4*1.42 = 3578.4sec

令狸執鼠を使った場合(手をテルキネからAB+1に変更)
旧プロテスの効果時間 = 1800*1.3*1.32*2.55 = 7876.44sec
新プロテスの効果時間 = 1800*1.3*1.42*2.55 = 8473.14sec

正直なトコロ、今までちゃんと計算してなかったのでプロシェルが何分なのか把握してませんでした(小声)2hって書いてるしコンテンツ攻略中に時間で切れることないからいいかなって…えへへ…。プロシェルはベースが30分持続なだけあって数字の差は大きく見えますが、実際は劇的な増加ではないですね。装備そろえきって伸びしろがない状態からひとつ成長できた、ってのが一番嬉しかった部分かも。

強化魔法スキルやプロパティを盛って詠唱する魔法、には当然使えないモノです。赤だとちょっと恩恵が少ないのかなぁ。一回強化魔法と強化スキルの関係を見直して装備のブラッシュアップをしなきゃいけないのかも。

長いことやってて創業以来継ぎ足してるタレ、みたいなマクロは見直すタイミングが難しいなぁ…。

201911月VU – 学者

机上演習と虚誘掩殺とワタシ。

正直、VUは期待外れだったというかなんというか…調整できなかったんでお茶を濁したんだろうな、というのが正直な感想ですね。わかってましたけども。使うコトのないメリポアビとかをなんとかして欲しかったなぁ…。できないなら今やらなくて良いのになぁ。

メリポアビもチャージが潤沢に使える状況下であれば選択肢にもなるんですけど、チャージが潤沢に使える状況なんてのはまずないのですよ。フォーラム民に騒いで欲しいなぁと思いつつ、学者ガチ勢なんてフォーラムで暇つぶしてないしなぁ…。

とりあえず配られたカードで勝負するしかないわけで、VUについての感想をば。

机上演習の蓄積量増加

種族や装備等々にもよりますけど、概ね4桁前後のMP回生量になりました。学者でMPきっついなんて状況がそうないんですけどね。ダイバージェンスでメインヒーラーやったとしても、サポ赤のコンバート温存したまま完走なんてのも珍しくないわけで。まぁ、貰えるモノは病気以外ありがたく貰っておきます。

通常待機装備の頭をACボード+3に変更する方が蓄積が早くなっていいのかなぁ。一発勝負の事前蓄積ならHPガン積みで3,000手前まで行くので宴会芸がひとつ増えた感。

虚誘掩殺の策の効果時間延長

手間が減って嬉しい(棒)

あくまでLv40のAF武器なので、それが使えてるだけでも感謝しろよという開発のお言葉でしょうか。気休めですね、正直。体感するところはないです。あっても劇的に魔命に寄与しないけれど、程度。アフィニティ枠で+15ならまだ話は変わったのかなぁ…。

黒魔道士のお歴々に範囲でかけたときチャージが楽になる、ぐらいが率直な感想。

開発チームが現場で要求される学者を理解していない、というのは今更なのでもう致し方ない感。これで最後の飴が終わりだと思うとちょっと切ないです。

距離が修正されない獣よりいいのか(獣使いLv99という文字を見ながら

フォーラムに問題提起してくるべきか、したところで何か変わるのか…。

そんなことよりナイズルだ!キャンペーンだ!(現実逃避