誰にも聞けないアンバスケード 202010 トロール

ひだびさ。

いつものタンクだと思った?残念!学者ちゃんでしたー!

改めましてKakkiです。メイン学者です。メイン学者です。

今月のトロール、リバイバル前はタンクだったんですが珍しく学者枠での参戦となりました。あなや。

突入したら範囲でリジェネとエンウォータかけて、ヘッドシーズにあわせてケアルするだけの一言ですね。エンウォータを範囲化する理由は、「ダハク族は水属性攻撃が当たるとTP-300」だからとかなんとか。サイレスで負の歌だけ封殺するやりかたもあるようですけど、こちらの方が圧倒的にメリットが大きく(他のTP技も完封する、サイレスは結構魔命がシビア)デメリットが少ない(じゃばじゃば五月蠅い、エフェクトで重い)感じですね。宗教的な理由でもないならこちらでいいと思います。そのほかには魔導剣士が盾だったので、アクアベールを範囲化(時間は延長なし)、前衛と吟に鼓舞激励の章を単体×3。自身に極光の陣II。

突入前、プロシェル等々を令狸執鼠の章入りで撒いておくと、追々のチャージが楽になります。開幕してチャージが戻ったら鼓舞や陣を適当に撒いても良いかと思います。エリアジャンプで陣と鼓舞は切れますのでお気をつけください。

前衛がボスのプレアデスレイと超力足を完封してくれる場合、開幕後はヘッドシーズにあわせてケアル2-3回するぐらいしか仕事がありません。とはいえ、通常攻撃ダメージが0に押さえられる盾だとしても、ヘッドシーズ直後にザッラーカが飛んできて数十ダメージを貰って死亡、というのがあります。ありました(タンクの経験談)ので、皆様お気をつけください。

そうでなかった場合は戦線の維持に務める、特にプレアデスレイ後の「自身に万能薬、その後女神降臨の章+ウィルナ」というのはルーチンとしておくと○。チャージが常時枯渇、みたいな戦闘ではないので、女神を常時入れておくのもアリですね。

もし手が空いてるのであれば、ボスへの弱体の魔命ハードルは高くないので、一通りぶち込むといいかもしれません。プロシェルが飛んでくるのでディスペルなんかも。

最後に盾以外でアンバスケード出たのいつだっけ…と容易に思い出せないぐらいタンクばっかりやってますが、たまには学者も気楽でいいですね。

一応、タンク視点の場合は、ヘッドシーズのヘイトリセットに備えつつヘイトを取る、みたいないつもの流れですね。いかにヘイトリセットに備えておくか、ぐらいでしょうか。

ジョブポ入る風水士でもいいんですよ!思い起こせばイドリス作って、ジョブ首HQ2のオーグメント完走してから1回しか出番がない…なぁ…。

Leave a Reply

Your email address will not be published.

CAPTCHA