ヘイトリスト同時加入制限とは。

天災は忘れた頃に…もとい、油断した頃にやってきますね。震度4ほどの揺れだったので、相応に肝を冷やすこととなりました。備えあれば憂い無しとは言いますけども、備えてたって寝てるところにデカいの来たらどうしようと憂うと思うんですよ。入浴やトイレの際とかも御免被りたいものです。

モバイルバッテリー、マルチツール、LEDライト、ライター。普段から持ち歩くのはこの辺。

改めましてKakkiです。アドゥリンで魔導剣士のエンピリアン装束クエストの最中でした。魔導剣士も忘れた事に

最近、ヘイトリスト加入制限の話が話題になってるようですね。こちらのブログこの記事がわかりやすく解説してくださってるので、まずはご一読を。

それを踏まえた上で、タンク屋が意識するのは「ヘイトを一度で入れようとしすぎない」事ぐらいでしょうか。例えばダイバージェンスの場合ジュノが特に狭く、3-5グループまとめて処理する事も良くあります。その時にバニシュガ1回撃ってアビリティでヘイト上げ、ってのだと取りこぼしがでる理由のひとつがそれ、と言うことになります。参考までにもう一つは、「モブのスポーンから敵対行動が可能になるまでの待ち時間がそれぞれランダム」である点です。NMを取り合った時代の名残ですね。連打対策。

あくまで同時加入制限でしかなく、ヘイトリスト自体の上限とイコールではないという事なので、個別にヘイトを入れればヘイト自体は取れます。PTメンバーへのケアルやアビリティ巻き込みなんかもあるので、仕様だけ意識していればそこまで立ち回りを修正する必要は無い、とは個人的な見解ですね。サポ青であれば、扇状範囲のF.ホールドや、狭めの対象中心範囲のまつぼっくり爆弾等をセットに導入しておくぐらいでしょうか。

この仕様を真に理解するべきは寝かしで維持を補助する吟と、仕様上ヘイトリストに乗らないと置物になってしまう風だと思っています。吟はララバイの範囲が狭めなので、15体を超える敵でも半分ずつ、と言うのが割と容易になっています。タンクはララバイを細かく撒いた吟を巻き込むことで簡単にヘイトを掛けられるようになりますしね。

問題は風で、小生の周りでもサポ黒のスリプガが主流なのですが…範囲が広すぎて個別にヘイトを描ける、と言うのがなかなか難しくあると思います。まして綺麗にまとめすぎてしまった場合は範囲だけではどうにもならない可能性が出てしまいます。そういった場合は先述の通り細かくヘイトを入れやすい吟をターゲットに、ジオを出してヘイトリストに乗る作業をするか、もしくはサポ黒を諦めて回復/強化魔法でリストに乗れるサポにする事になると思います。後者で調整して慣れる方が幾分スマートではないでしょうかね?

ダイバージェンスにおいては、一度PTの盾吟風でしっかり認識のすりあわせをする必要はありそうですね。意識さえできていれば従来の戦術とほぼ同じような感覚でいけるような気はします。

この仕様をコモンセンスとして対応してくれれば良いんですが…話せば解るなんて幻想。刺されて1機減るだけです。ジョブロール理解度と意識の高さを考慮すると、どうしてもジョブとPCが固定化されてしまうんですよね。そうなるとマンネリ化するわけで。小生、いつの間にかダイバージェンス編成担当みたいになっているので、頭の痛い話でございます。どうしてこうなった…。

と、ここまで言っておいてアレですが、ナイト自体は思考停止してケアル投げていればPTメンバーをまず殺さない上に大体ヘイトリストにも乗れるので、最悪それでいいと思います。特に近接DPSPTであるなら、個別に殴ってくれるので。仕様を理解してさえ居れば大怪我はない、と言ったところですね。

いつも通り台無しにして筆を置きます。人生に必要なモノは諦念。

Leave a Reply

Your email address will not be published.

CAPTCHA